ビジョン

ディーアールのビジョンは
「人、国際化、スピード」

ディーアールでは、「人」、「国際化」、「スピード」の三点により、QCD(quality 質、cost 価格、delivery 納期)を実現します。
高品質で、低価格な製品を、迅速に提供する。
これが我々のビジョンです。

QCD(quality 質、cost 価格、delivery 納期)

人による人のためのホームページ制作

「インターネットで儲かるらしい」、「ネットで宣伝してみよう」、そういった理想もインターネットや関連のビジネスについての知識基盤無しでは中々成果を生み出せません。独学では時間がかかり過ぎ、成果も出ません。

また、単に最新のソフトと技術を使ってクライアントの要望通り絵を描いて行くだけでは、クライアントの思い描く成功には実質的に繋がりません。
たとえ最新のデザインや技術を導入しても、検索エンジン上位にランクさせる戦術、宣伝方法、効率の良いレイアウトなど、様々な知識を持ち合わせていなければ、「より多くの人に見てもらう」という最終的な目的は果たせないでしょう。

ディーアールでは注文を受けたホームページを機械的に作り出すのでは無く、クライアント、つまり「人」の視点に立ち、我々「人」がクライアントのニーズを真剣に考え、専門知識と技術を用いてクライアントの夢、希望をインターネットという形で実現します。

↑ページトップへ戻る

国際化

2005年のディーアールの一大プロジェクトは中国への進出です。
国内本社との綿密な共同作業によって、安価で高品質のシステムをより多く提供できるよう、着々と準備を進めています。また、我が社では、複数のマルチリンガルスタッフも備え、積極的に国外でのビジネスにも対応して行ける体制が整っています。

↑ページトップへ戻る

開発のスピード革命

顧客のニーズ、世間の流行、IT技術の発展、といっためまぐるしく変化する周辺環境に迅速に対応し、かつより多くのプロジェクトを効率良くこなし、同時にプログラマの負担も軽減する。
これら全てを実現するには開発工程の高速化が必要です。我々が関わるウェブプログラミングの分野でも、Java、php5、といったオブジェクト指向言語の発展による、作業の円滑化、高速化が常に進められています。

ディーアールはこの開発プロセスに更なる高速化を計ることを目標に据え、独自のフレームワーク、開発方式の発展に尽力しています。

単なるオブジェクト指向を超える「開発のスピード革命」、これがディーアールプログラマ・チームの目標です。

↑ページトップへ戻る